デラ☆ハイ駄文

あなたの貴重な数秒を無駄にします

今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧、楽しめた、超よかった

デラハイです。

いやー音楽ってホントに良いものですねえ(水野晴郎風に)。

 

デヴィッド・ボウイについてはアルバム「レッツ・ダンス」くらいの知識しかなく、大人になって前後のアルバムをほんのすこーし聴いた程度の似非ファンです。レッツ・ダンスにいたっても当時流行ってたMTVでレッツ・ダンスのプロモビデオ(当時はこういう言い回しでしたよね)を観て知ったという。

とはいえ近くにミュージックライフ等音楽誌を買っていた人間が居たのでそれを読んでいたりはしてました。トム少佐になったデヴィッド・ボウイが宇宙から呼びかけているマンガとか載ってませんでしたっけ?違う雑誌だったかな?

 

えー、実は放送前までは「多くアルバムを出しているとは言え、デヴィッド・ボウイだけで一日もつんか…?」と不安を感じていました。ヒット曲は数あれど10時間もデヴィッド・ボウイだけで耐えられるのだろうか、と。

 

しかし放送が始まっていきなりのスターマン、ジーン・ジニー、サフラジェット・シティ、モダン・ラヴと名曲続きで魂を鷲掴みにされてしまいました。途中外出の都合で聴けなかったパートはありましたがそれ以外の時間はがっつり聴き続けてしまったワケです。小野島大さん、ゲストさんの解説は何も知らない自分には刺激的でした。

最後のヒーローズが終わったあとには「これこそが音楽体験だ!」と感動に等しい感情を抱いたという。「もつんか?」と不安に感じてしまってすいません、すいません、そしてすいません。

ナビゲーターの小野島大さん、司会の森田さん、そして数多くのゲストのみなさまありがとうございます。

 

やはり音楽で心を揺さぶられるのは気持ちがいいっすね。

 

最近、音楽的趣味が迷走していて、自分は音楽が趣味と言い続けて良いのか?と疑心暗鬼になっていたのですが、胸を張って音楽は趣味です、と言える気がする。

 

まだ、気がするレベル。

確固たる自信につなげるため今日はAppleMusicにてデヴィッド・ボウイのアルバムをデビュー作から聴き進めていくという「今日は一人で一日デヴィッド・ボウイ三昧」をやってます。今はピンナップス。

 

ということで「明日も一人で一日デビッド・ボウイ三昧」「明後日も一人で一日デビッド・ボウイ三昧」「明々後日も一人で一日デビッド・ボウイ三昧」と続くのでしたw

  

 


David Bowie Starman (1972) official video


David Bowie - Ashes To Ashes